* 地震保険、国の負担増大

2011年05月12日 . カテゴリ ニュース.


 政府は官民が共同で保険金を支払う地震保険制度で、国の負担を増大させ、民間が支払う上限を5,000億円引き下げる。
 
 地震保険の保険金の原資は、民間保険会社が徴収する保険料と国費で賄い、震災が発生した場合は、ここから支払う仕組み。1回の震災での保険金の上限は総額5・5兆円で、現行制度では国が4・3兆円、民間が1・2兆円を負担。これを国が4・8兆円、民間7,000億円に変更する。
 
 民間は東日本大震災で原資から6,000億円程度を取り崩す見通しで、民間が自力で原資を埋める必要があるが、今回の取り崩しは大きく、震災発生前の水準に戻すには10年以上かかるとされる。


検索 (文字を入力しEnter)