* 「1億円プレーヤー」500人超(30年8月7日)

2018年08月07日 . カテゴリ ニュース.


2018年3月期に1億円以上の報酬を得た役員の人数は、前期比15%増の5,38人と初めて5,00人を超えた。
 1億円以上の報酬を付与する企業の数も17社増え、240社と過去最多。
 上位10人にはソフトバンクグループから4人が入り、孫正義氏は1億3,700万円。1位はソニーの平井一夫氏で27億円。日産自動車のカルロス・ゴーン氏は7億3,500万円と前年より3割減ったものの、仏ルノーと三菱自動車からの分も合わせると約19億円となったようだ。
 上位10人のうち、5人は外国人で、高額報酬に対応するために、役員報酬の上限を上げる企業も出ており、ソフトバンクは金銭による報酬額を取締役全体で年50億円以内(従来は8億円以内)と変更した。

高額報酬を得た主な経営者
氏名(社名) 報酬額(億円)
平井一夫(ソニー)   27.1
ロナルド・フィッシャー
(ソフトバンクグループ)   20.1
マルセロ・クラウレ
(ソフトバンクグループ)   13.8
ラジーブ・ミスラ
(ソフトバンクグループ)   12.3
クリストフ・ウェバー
(武田薬品工業)        12.1
瀬戸欣哉(LIXILグループ)    11.2
赤沢良太(扶桑化学工業)   10.3
ディディエ・ルロワ
(トヨタ自動車)        10.2
吉田憲一郎(ソニー)    8.9
宮内謙(ソフトバンクグループ)8.6
(注)東京商工リサーチ調べ。敬称略


検索 (文字を入力しEnter)