* 2011年12月期決算企業の役員報酬

2012年04月13日 . カテゴリ ニュース.


 12月期決算の上場企業のうち、2011年度の年間報酬が1億円以上となった役員は2010年度と同じ33人だった。最高額は日本マクドナルドホールディングスの原田泳幸会長兼社長(3億1,700万円)。2位は堀場製作所の堀場厚会長兼社長(3億500万円)。
 
 役員報酬は基本報酬に加え、賞与・業績連動報酬、ストックオプション(株式購入権)、役員退職慰労金などからなり、この合計額が1億円以上の役員が開示の対象。
 
 1億円以上の役員がいた企業の数は22社で2010年度(24社)を下回った。
 
 企業別では、キャノンが御手洗冨士夫会長兼社長(2億7,200万円)を筆頭に6人が該当し、最多。
 
 12月決算の大手企業のうち、楽天は開示対象の取締役がいなかった。


報酬が高額な主な役員
(2011年12月期)
   社名	                氏名	              金額
日本マクドナルド       原田泳幸会長兼社長	    317(▲2)
堀場製作所	      堀場厚会長兼社長	    305(31)
中外製薬	           永山治会長	             304(▲11)
キャノン	           御手洗冨士夫会長兼社長   272(3)
アライドテレシス       大嶋章禎会長	    259(9)
(注)単位百万円、カッコ内は前の期からの増減率%、▲はマイナス

検索 (文字を入力しEnter)