* 労働相談

2014年06月09日 . カテゴリ ニュース.


 厚生労働省は、労働者と企業のトラブルを裁判に持ち込まずに迅速に解決する「個別労働紛争解決制度」の2013年度の利用状況をまとめた。労働相談の内訳は、パワーハラスメントにあたる「いじめ・嫌がらせ」が5万9,197件(2012年度比14.6%増)で、2年連続で最多。全体の相談件数は24万5,783件(3.5%減)。
 
 パワハラに次いで多かったのは「解雇」の4万3,956件(14.7%減)で、「自己都合退職」の3万3,049件(11%増)の相談が続いた。
 
 利用した労働者の内訳は正社員(9万7,573人)が最多で、パート・アルバイト(4万604人)、期間契約社員(2万6,696人)が続いた。
  
 同制度は裁判以外の紛争解決(ADR)の一つで2001年10月に始まっている。


検索 (文字を入力しEnter)