* ふるさと納税簡単に

2014年08月30日 . カテゴリ ニュース.


 政府は来年度から「ふるさと納税」を使いやすくするようだ。税の控除を住民税に一本化し、税務署への確定申告を省略するほか、税金が減額される寄付の上限も2倍にすることを検討。
 
 税務署への確定申告は主に所得税の控除に必要な手続きで、控除の対象を住民税に一本化し確定申告の手続きをなくすことを検討。住民税の控除は、寄付された市区町村が受領書を居住する市区町村に伝達する仕組みが有力で、寄付した人の手間が省ける。
 
 控除を受けられる寄付の上限額を所得税の控除をなくしたうえで、個人住民税の所得割額の1割を個人住民税の所得割額の2割に引き上げる。
 
 寄付した人は控除を受けられるうえ、市区町村からふるさと納税の特典として特産品をプレゼントされる例も相次ぎ、利用者が拡大している。総務省によると控除を受けた人は2009年度の約3万3,000人から2013年度は約10万6,000人に、寄付総額も約73億円から約130億円に増加。特に東日本大震災を受けた2012年度は寄付の利用者約74万人、寄付額約649億円と大幅に伸びた。


検索 (文字を入力しEnter)