* ボーナス伸び率半減(28年8月2日)

2016年08月02日 . カテゴリ ニュース.


 日本経済新聞社がまとめた2016年夏のボーナス調査で、全産業の平均支給額は2015年夏に比べて1.03%増の82万2,272円だった。4年連続でプラスだが、伸び率は2015年夏(2.37%)の半分以下にとどまった。非製造業では人手確保に向けて待遇を改善する動きが強まったため、2015年夏の伸びを上回った。
 462社と社数で全体の7割強を占める製造業の平均支給額は87万249円。2015年夏に比べて0.12%増と、前年の2.52%増から増加率が減少。一方、非製造業は比較的堅調で2015年夏に比べて4.49%増の67万4,695円で、伸び率は2015年夏の2.14%増の2倍で、4.52%増だった1991年夏以来、25年ぶりの高水準。
 非製造業は建設が24.46%の大幅増となったほか、小売りや鉄道・バスが伸びた。非製造業17業種のうち11業種が2015年夏に比べてボーナス支給額が増加。

支給額ランキング
順                税込み       2015年夏比     平均
位     社名      支給額(円)     増減率(%)    年齢(歳)

1 積水ハウス ※※     1,656,000        4.92     36.7
2 トヨタ自動車       1,480,000        8.02     38.4
3 アルバック ※      1,335,133       44.16     ―
4 セイコーエプソン     1,302,688      ▲16.25      41.2
5 大塚商会 ※※      1,245,555       6.63 40.4
6 セリア ※※        1,242,504       14.06   37.2
7 オープンハウス ※※    1,235,500        ―      m32.0
8 オリンパス         1,202,959       4.52   38.3
9 大和ハウス工業 ※※    1,202,000         0.33   34.8
10 塩野義製薬         1,200,000        4.34    m35.0
11 TKC ※※         1,198,300        3.68   37.9
12 スズケン         1,171,537         31.18    41.9
13 ホシザキ         1,163,897         ▲0.14      41.4
14 ヤマト ※※        1,130,530       23.04   38.7
15 日産自動車         1,127,550        4.03   41.8
16 スター精密        1,126,448       ▲13.12     40.2
17 アサヒビール        1,122,000        0.00   m35.0
18 キリンビール        1,083,000       10.83   m35.0
19 クボタ          1,075,000       2.38   37.2
20 ホンダ          1,063,000       ▲2.74   42.5
(注)※は従業員平均、※※は労組なし、無印は組合員平均など。
 ▲は減。mはモデル。―は非回答、算出不能。


検索 (文字を入力しEnter)