* 法人税の脱税額2・3倍

2009年06月28日 . カテゴリ ニュース.


 国税庁のまとめによると、2008年度に強制調査(査察)で摘発した脱税件数は、前年度比5%減の208件で、加算税を含む脱税総額は同0・8%減の350億円。所得税や消費税などの脱税が減少した一方、法人税の脱税は大幅に増えて5年ぶりの高水準。
 

 国税庁によると、摘発件数は2年連続、脱税総額は3年ぶりに前年度を下回った。うち検察庁に告発した件数は前年度比3%減の153件、脱税額は同19%減の249億円で、1件あたりの脱税額は1億6,300万円。
 

 告発税目では、所得税が57%減の39億円で、外国為替証拠金取引(FX)に絡む脱税が19件から5件に減少したのが主因。消費税は12億円と71%減。これに対し、法人税は2・3倍の186億円に急増し、03年度(222億円)以来の高水準に。
 

 「鉱物・金属材料卸」と「不動産業」がともに14件と最多で、「人材派遣業」と「商品・株式取引」が11件で続いた。

 強制調査では、自宅のエレベーターの床下の機械装置内に1億5,000万円を隠すなどの事例があったそうだ。


検索 (文字を入力しEnter)