* 税務訴訟の国側敗訴減少

2009年07月01日 . カテゴリ ニュース.


 2008年度に課税庁の課税処分などを不服として、納税者が国を相手に起こした行政訴訟で、国が敗訴した件数が前年度より17件少ない38件だったことが、国税庁のまとめで分かった。敗訴件数は、2年連続の減少。敗訴率も2年連続で下がり、同3・5ポイント低下の10・7%となった。
 

 国が相手なので、なかなか厳しい数字である。


検索 (文字を入力しEnter)